| OLTER

女性のお悩み、ほうれい線化粧品を選ぶポイントは?

2021.04.26

女性のお悩み、ほうれい線化粧品を選ぶポイントは?


女性のお顔のお悩みで多いのが、ほうれい線。
ほうれい線がクッキリ出ていると、実年齢より老けて見られたりしてしまいます。

ほうれい線の有無でお顔の印象がかなり変わってしまうため、なんとかしてほうれい線を軽減したいと思う女性は少なくありません。

そこで今回は、ほうれい線に効果のある化粧品を選ぶ際に押さえておきたいポイントをいくつか紹介していきます。

ほうれい線でお悩みの方、ほうれい線を予防したい方はチェックしてみてくださいね。

最初にほうれい線とは?について説明していきます。
そもそもほうれい線というのは、実はシワではありません。
加齢によって頬がたるんでしまった事が原因なんです。

ほうれい線がなぜ出来てしまうのか。
主な原因はこちらです。

・コラーゲンなど肌の弾力の必要な成分の減少や老朽化
・表情筋が加齢によって衰えている
・乾燥による肌のハリの低下
・ストレス・喫煙・紫外線・間違ったケア方法による肌へのダメージの蓄積

と原因は様々です。
ほうれい線が気になるなぁという女性は、どれかピンとくるものがあると思います。

そんなほうれい線を改善、予防するにはまず保湿成分がたっぷり含まれているものを選びましょう。

ほうれい線化粧品で有効な成分だと言われているのが
・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・リピジュア
・スクワラン

そのほかにも
・スフィンゴ脂質
・ステアリン酸コレステロール
・大豆レシチン
・エラスチン
・ヘパリン類似物質

などが保湿、保水成分として効果の高い成分とされています。

保湿や保水だけでなく、メラニンの生成を抑える、正常な肌に整える、髪や爪も美しくなる…など成分に付随された他の効果も比べながら決めても良いかもしれません。

次にお肌にハリを与える成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

・ビタミンC
抗酸化作用に優れており、コラーゲンを増殖させます。
お肌の奥深くの細胞を活性化させるのでハリが出る効果がとても高いです。

・ビタミンC誘導体
ビタミンCをより肌の奥まで浸透させる上に、即効性を持っています。
コラーゲンの生成を助け、安定化もはかる万能型の成分です。

・ビタミンE
活性酸素からお肌を守り、お肌の老化を防止する作用があり、さらに潤いを与ます。

・プラセンタ
あらゆるビタミン類やアミノ酸を含んだ「よみがえりの成分」と呼ばれる成分です。

・イソフラボン
女性ホルモンに近い働きをする成分で、加齢とともに失われるエストロゲンの不足を補うのでお肌のハリがアップします。

・EGF
ヒトオリゴペプチドと呼ばれ、赤ちゃんの時から減少していく成分です。
お肌のターンオーバーを正常にし、ふっくらとしたお肌に導きます。

このように潤いとハリの両面からアプローチしていく事が大切なので、以上のような成分が含まれているかをチェックしてみてください。

そしてこのお悩みで出てくる疑問と言えば、「しわ・たるみ系の基礎化粧品はライン使いのほうが良いの?」「それともほうれい線専用の美容液を使ったほうが良いの?」というものです。

これもやはり他に付随する効果の取捨選択によって違ってくると思います。

例えばほうれい線に効果のある成分をサポートしたり、浸透を促す成分が入っているラインのものならライン使いがオススメです。

でもライン使いはお高いから続かない、ライン使いは手間という人はオールインワンの物を使用した後に良い美容液をここぞと使うのも良いと思います。

どんなお肌になりたいのか、どんな相乗効果が欲しいのか、どれくらいのお値段ならば無理なく続けられるのかなどよく自分と相談しながら選んでみて下さいね。

まとめ

ほうれい線に効果的な成分はたくさんあります。
自分に必要な成分が含まれている化粧品を選びましょう。

他にも成分の詳しい説明や、ほうれい線改善のポイントなどもその内お話できればと思います。

オルタナチュラルでは

公式LINEやお問い合わせにて「皆さんの気になる事」随時受付しております!

友だち追加

【LINEでも受け付け中!】どしどしご質問ください。

2営業日以内にご返信させていただきます。